photo 

インターネット上で、唐澤 貴洋(からさわ たかひろ)という弁護士の名前を聞いたことはないだろうか。
今やネット上で一躍有名人となってしまった唐澤貴洋弁護士であるが、
なぜ彼はここまで名が知れ渡ってしまったのだろうか?
今回はその軌跡を辿っていこう。




ネットで有名になったきっかけ

唐澤貴洋弁護士の話に入る前にとある人物の話をしておかねばならない。
詳細を書くとあまりに膨大な量になってしまうため概略だけ書くが、
彼こそが唐澤貴洋弁護士を世に知らしめた、いわば伝道師なのは間違いない。
そもそもは2ちゃんねるなんでも実況J板(以下なんJ)にいた
とある高校生が八神太一なる固定ハンドルネームを付けたことからすべてが始まる。
彼はコテハンを付けたまま3年間ほぼ毎日煽りや中傷を含めた自分語りを繰り返し、
事実上の荒らしとして君臨していた。

無題
彼のコテハン史上最も有名なセリフ。皮肉にもこの発言が後に彼に対する洪水のような誹謗中傷の大義名分と化してしまう。

なんJは2chの中でも1,2を争う巨大掲示板で常時数万人が接続していたため、
なんJ民の八神太一に対する恨みの量は膨大なものに膨れ上がっていた。
そして住民達の怒りもついに臨界点に達しヘイトが爆発、
2chでもまれに見る規模の特定騒動・誹謗中傷が始まった。
彼はたび重なる批判と中傷に耐え切れず、なんとあろうことか弁護士に泣きつくのである。
その相談相手こそが、「唐澤貴洋」だったのである。


炎上に至るまでの経緯

1.IPアドレスの開示

依頼を受けた唐澤貴洋弁護士はさっそく2ちゃんねる運営へ削除要請を申請し、
同時に批判要望板にて中傷書き込みをした発信者のIPアドレス(書き込み元を見分ける記号のこと。車のナンバープレートと同じと思っていい)の開示要求を行い、その有能ぶりを見せつける。
八神太一への誹謗中傷を書き込んだ者はまたたく間にIPアドレスを開示されてしまう。

↓IPアドレス開示の現場
無題
IP開示するには批判要望板という公開掲示板で、上記の画像のように直接開示請求をする必要がある。

↓それに対する当時のなんJ民の反応
無題

無題


…しかしこのIPを開示するという手法、実は単に脅すという以外には
実際にはほぼ何の意味もないのである。
例えば誹謗中傷の書き込み主を法的に罰しようとする場合、

1.書き込み主のIPアドレスを開示し
2.IPアドレスをもとにプロパイダーに情報開示請求の訴訟を起こした上で
3.ここでようやく書き込み主に対して訴訟を起こせる

…といったかなり面倒な手順を踏まなければならず、
仮に成功したとしてもネット上の単なる中傷書き込み程度では
大した罰則など無い上、むしろ数十万の費用と手間がかかるためやるだけ損なのである。

こうした、書き込み主に対する訴訟の前の前の第一段階である、
金銭も手間もかからないIPアドレスの開示だけでその場をしのぎ、
高額な着手金をせしめる手法はパカビジ(IPパカパカビジネス)と呼ばれており、
そもそも2chへのIP開示請求は弁護士でなくとも可能なので
詐欺行為に近いとして糾弾されることもある。
つまりこの唐澤貴洋弁護士、依頼人の問題の解決よりも
パカビジによる小遣い稼ぎを重視するパカ弁だったのである。
一説によると八神太一が唐澤貴洋弁護士に払った依頼金は30万円を下らないとされている…。

2.そして唐澤貴洋弁護士も炎上へ

自業自得な2ちゃんねるでの炎上で弁護士を雇うという前代未聞の行動と、
弁護士という肩書きを前に、八神太一を誹謗中傷していたなんJ民達も最初こそ怯えていたものの、 
誹謗中傷によるIP開示の次の段階である民事訴訟が現実的で無いことを知り、また

弁護士事務所のTwitterアカウントジュニアアイドルのアカウントをフォローしていた(発覚した数分後にTwitterアカウントを非公開にしている)ことや
意味のないIP開示だけで着手金だけをせしめるずさんなやり口
無数のスパムブログを作成し宣伝
誹謗中傷対策マークを2万円で売るという詐欺まがいの商法(サイトにマークをつけるだけで誹謗中傷されなくなると謳っていた。当然だが無意味極まりない)
……等々が明るみに出たことによって
 

「無能」の烙印が押された結果、
誹謗中傷の対象が担当の唐澤貴洋弁護士にまで拡大してしまう。


……ここまでなら少し珍しい炎上騒動として騒ぎは収まっていたはず。
しかし、唐澤貴洋弁護士はここで人生最悪の悪手と言っても過言でない行動をとってしまうことになる。

依頼人だけでなく弁護士である自分にまで誹謗中傷が及んだことにより
唐澤貴洋弁護士は自分自身に対する誹謗中傷の書き込みに対してもIPを開示することになる。
実際にIPを開示された良心の欠如したスレッドや書き込みの例がこちらである。

無題

無題


無題

無題


無題

…ご覧の有り様であるが、前述した通り誹謗中傷によりIPが開示されたとしても、
なんJ民達はIP開示それ自体は子供騙しでほとんど意味が無いことを知っていたため、
IPを開示して脅すという手法が通用するどころかむしろ逆効果になり、なんJ民達は
どの程度の誹謗中傷なら開示されないのかという無茶苦茶なチキンレースで遊び始めたのである。
唐澤貴洋弁護士をバカにすればするほど反応(開示やFacebookの更新)が返ってくるため、
なんJ民達はますます面白がり、原因である荒らしの八神太一そっちのけで
唐澤貴洋弁護士への誹謗中傷が激増するなんとも奇っ怪な事態となってしまったのだ。


そしてどうなったか?

一連の騒動によりなんJで一躍有名人となった唐澤貴洋弁護士。
2ちゃんねるでも1,2を争う勢いを持つなんJで唐澤貴洋弁護士をネタにする風潮が出来上がった結果…


サジェスト
事務所のサジェストが汚染される。



9JwUbCB

インターネット上における殺害予告回数が世界第2位となる100万回超え(1位はジャスティン・ビーバー)




1855

唐澤貴洋弁護士への殺害予告で逮捕される者も現れる始末。





(Orpheusという自動作曲ソフトを用いられて)唐澤貴洋弁護士をネタにする音楽が多数作られる。



無題

挙句の果てに官能小説まで書かれてしまう。




OXGuA0q

熱烈な唐澤貴洋弁護士のファンにより勝手に10円玉硬貨に事務所の宣伝シールを貼られ、
自販機などで流通させられてしまう。(なおシールを貼るだけなら法的に問題無いらしい)




HYWH4pL
街中には唐澤貴洋弁護士のイラストを印刷したシールで溢れかえり…



1ElHUGs

悪い者の手により放送局やアニメの公式サイト、2chまとめブログがクラッキングされ、
事務所の宣伝をされてしまう。




ツイッターのアプリ連携スパムにより大量の殺害予告ツイートが出回ってしまう。





唐澤貴洋弁護士の3Dモデルが大量に作られ、
なんと動画制作の大会でも優勝してしまう!



…このように、一介の弁護士としてはかなり異質な扱いを受けている。


いくらなんでも、いじられすぎじゃあないの?

確かに、普通の炎上騒動なら長くても一週間もあれば忘れ去られるが、
唐澤貴洋弁護士に限っては4年以上の月日を経た今でさえ炎上の勢いは衰える気配を見せていない。むしろ日に日に悪化している。
上記のような異常ないじられ方、炎上期間が揃っているのは理由がある。それは何なのだろうか?

1.サブキャラクターが異様に豊富

元凶である八神太一もさることながら、唐澤貴洋弁護士をいじる過程で登場したキャラクターに
やたらと個性的な人物が多いのも原因の1つである。

音声研究者である東京大学の教授、
一日に4000回もの殺害予告を繰り返す名無し、

ロシア企業に所属する鬼畜有能プログラマー、
唐澤貴洋弁護士の事務所への突撃を生放送配信する命知らずの若者、 
唐澤貴洋弁護士と対立していた元同僚の弁護士、
超有名女性コスプレイヤー、
誹謗中傷を大義名分にしてハッキングを繰り返す邪悪なハッカー
などなど…

これ以外にも唐澤貴洋弁護士への敵か味方かは関係無く数えきれないほど登場してくる。
彼らが現れることにより新たな盛り上がりの燃料となり、長期化の要因となっているのだ。


2.コテハンへの3年分+αの怨恨

前述した通り3年間も荒らし行為を繰り返していた八神太一に対するなんJ民の恨みは尋常なものではなかった。
さらに言えばなんJは、スレッドを保持できる数がかなり少なく設定されていたため、
掲示板の回転率が異様に速かった。
そのため情報や文化が板の住民全員に伝わりやすいという特徴的な仕組みを持っているため、
個人への怨恨も、新たな人物の登場の事実も、全て同じく高速度で伝搬してしまうのだ。

唐澤貴洋弁護士の最大のミスは大規模かつ高速回転の掲示板を相手にしてしまったことではなかろうか。
 
また、八神太一は本名が特定された後もなんj民を利用した炎上依頼・反撃ととられても仕方ない行動を繰り返しており、未だに公の場で謝罪する姿が一向に見られない。
八神がコテを外した今となっても燃え続けるのはこのことが更なる燃料へとなっているのだ。
 

3.唐澤貴洋弁護士そのものが面白い

結局のところ1と2を合わせた以上にこれが最も大きな原因であろう。
妙に突っ込みどころのある事務所公式サイト、
弁護士なのにプロフィールに写真でなくイラストを載せているところ、
文章がどことなく宗教っぽい…などがなんJ民の妙なツボに入ったのか。

なんJ民達は唐澤貴洋弁護士の公式サイトの文章のミスをあげつらい、
あれよこれよと二次創作設定を作り出し(脱糞をしてしまう、弟がダチョウなど)、
そのように唐澤貴洋弁護士に対して誹謗中傷をする度に何かしらの反応が返ってくるため、
ますますなんJ民に面白がられ炎上の燃料になってしまったのだ。

唐澤貴洋弁護士のFacebookを例にとると、たった数行の文章を更新しただけで
『尊師(唐澤貴洋弁護士のアダ名)、FB恒心』といったスレが立ち、
なんJそのものが一気に唐澤貴洋弁護士の話題で一色、万単位の書き込みで盛り上がるなどザラであった。

無題

唐澤貴洋弁護士がFacebookを頻繁に更新していた時のスレッドのログ。
なんJ民がどれほど彼に対して執着していたのかお分かりであろう。

このように反応すればするほど燃料になってしまうと唐澤貴洋弁護士が気づいた時には時既に遅し。
唐澤貴洋弁護士を誹謗中傷する悪い者達によって、
上記のように3Dモデル、街頭シール、宣伝10円玉の流通など恒心教徒自身により勝手に燃料が作られる自体となり、
果てはTVニュースや雑誌で唐澤貴洋弁護士が取り上げられるなど、
自身は何もしていなくとも炎上が悪化していくハメになってしまったのだ。

唐澤貴洋弁護士をバカにする者達は数千、あるいは数万単位で存在するとされており、
彼らはその集団を、唐澤貴洋弁護士の事務所名からもじって恒心教と名付け、活動を続けている。



これらの要因により唐澤貴洋弁護士そのものが一種のコンテンツと化してしまったため、
最初のIP開示から4年以上を経た今なお、この騒動は鎮火の気配を見せることはない。
どう終わりを告げるのかは神のみぞ知るところである。


最後に

今回、恒心教の専属ブログである恒心スポーツを借り、一般人の視点から記事を書かせてもらったが、
この場を借りて私見を言わせて頂きたい。

この騒動は何も、暴れまわる名無し達のみに責任がある訳ではないのだ。
掲示板を長期間荒らし回った少年にも、
さらにその少年を利用して安易なビジネスで儲けようとした弁護士にも少なからず非はある。
どの立場にいる者も、互いを幸せにしようとする姿勢があれば、
誰も不幸にならずに済んだのではなかろうか。

この記事を読んでいるネットユーザーは覚えておいてほしい。
俺は嫌な思いしてないからと言って、他人に迷惑をかけたりするようなことをすると、
結局は自分に返ってきてしまうということを。

さらに、専門的な知的職業に就くであろう若者は胸に刻んでおいてほしい。
他人の無知につけこんで私腹を肥やすような所業はしないほうが、
結局は余計な被害を受けずに済むということを。

…最も、これらの例はいささか極端であるかもしれないが。

ちなみに、さらに詳しく騒動の流れを知りたい場合は、
恒心史 ~唐澤貴洋弁護士の炎上~を見るといいだろう。